副作用と失敗例

ヒアルロン酸注入は、効果は数年しか継続しませんが注入後すぐに効果を実感でき、ダウンタイムも無く、手軽に出来き比較的安全なプチ整形だと言われていますが、皮膚科選びやドクター選びに失敗すると思いがけないトラブルに見舞われます。

失敗例としては、ヒアルロン酸を注入しすぎて形が不自然になってしまった、ヒアルロン酸が時間の経過とともに広がって団子鼻に見えるようになった、左右非対称になった、凹凸が目立つなどがあります。さらに、とても稀ですが下手なドクターに動脈に注射されてしまうと、血行が悪化し皮膚が壊死してしまう可能性も。トラブルにならないために皮膚科とドクター選びはかなり重要です。何か所かカウンセリングを受け、費用と安全面の妥当性をチェックし納得してから施術を受けましょう。メリットだけでなく副作用やデメリットをきちんと説明してくれる信頼できる皮膚科を選んでください。経験が豊富でセンスがあるドクターに出会ってから施術をすることをお勧めします。

プチ整形は修正が効くことも多く、思い立ったらすぐに誰にも相談せず軽い気持ちで施術を受ける方がとても多いですが、後悔しないために、今だけキャンペーンなどに飛びつかずゆっくりと検討しましょう。

Pocket