副作用と失敗例

ヒアルロン酸注入は、効果は数年しか継続しませんが注入後すぐに効果を実感でき、ダウンタイムも無く、手軽に出来き比較的安全なプチ整形だと言われていますが、皮膚科選びやドクター選びに失敗すると思いがけないトラブルに見舞われます。

失敗例としては、ヒアルロン酸を注入しすぎて形が不自然になってしまった、ヒアルロン酸が時間の経過とともに広がって団子鼻に見えるようになった、左右非対称になった、凹凸が目立つなどがあります。さらに、とても稀ですが下手なドクターに動脈に注射されてしまうと、血行が悪化し皮膚が壊死してしまう可能性も。トラブルにならないために皮膚科とドクター選びはかなり重要です。何か所かカウンセリングを受け、費用と安全面の妥当性をチェックし納得してから施術を受けましょう。メリットだけでなく副作用やデメリットをきちんと説明してくれる信頼できる皮膚科を選んでください。経験が豊富でセンスがあるドクターに出会ってから施術をすることをお勧めします。

プチ整形は修正が効くことも多く、思い立ったらすぐに誰にも相談せず軽い気持ちで施術を受ける方がとても多いですが、後悔しないために、今だけキャンペーンなどに飛びつかずゆっくりと検討しましょう。

形別の鼻形成

鼻の悩みは本当に人によって異なります。鼻を高くして大人っぽい印象になりたい、わし鼻を治したい、団子鼻を治したい、付け根に膨らみを持たせ外国人風にしたいなど本当に様々です。それによりデザインや注入部位、量も大きく異なりますので最初にどこにどのくらい注入するのかドクターとカウンセリングを行いましょう。パソコンでイメージ画像を見せてくれるところもありますよ。

女性のわし鼻は、男性っぽくて少し怖いイメージがあるので、わし鼻を改善して柔らかい雰囲気にしたいという女性は多くいます。わし鼻は、鼻の中央部分がカクっと盛り上がっているので、この盛り上がりよりも上方にヒアルロン酸を注入し鼻筋を真っ直ぐにするのがよいでしょう。鼻を高くしたいだけであれば、目の間から少しずつ鼻先付近までヒアルロン酸を注入し直線になるようするのがいいでしょう。付け根から徐々に高くしていくのがポイントです。付け根ばかり高くするととても不自然になるので、鼻先まで斜面になっているのがポイントです。

少し値段が上がりますが、シャープラインノーズという鼻専用の長期間維持できる固めのヒアルロン酸がおすすめです。普通のヒアルロン酸は柔らかく時間の経過とともに鼻が横に膨らんで見えることがあります。

注入量とダウンタイム

プチ整形を考えたとき、費用と同じくらい気になるのがダウンタイムです。プチ整形でも整形ほどではありませんが、麻酔や注入したものの影響で腫れやむくみ、青あざになることがあります。腫れがひき、施術前と同じ生活ができるようになるまでの間のことをダウンタイムといいます。ダウンタイム中は、腫れなどがひどくお化粧なども制限されるため他の人からもばれやすいです。誰にもばれたくないとお考えの方は、ダウンタイムを必ず確認しましょう。ヒアルロン酸注入は、ダウンタイムがほぼありません。入院の必要もなく施術時間もたったの10分程度です。注射の後青あざになりやすい方は、鼻が少し青くなってしまうこともあります。ちなみに、大阪でヒアルロン酸注入を行っている美容皮膚科では、お化粧も当日からできますので青あざを隠すことができます。

注入する量は、どの程度鼻を高くしたいのかで変わりますが0.2~0.7ccが一般的と言われています。ただ、注入しすぎると不自然さが出ますので少し控えめにするのがいいでしょう。たとえば、鼻の付け根から盛り上がる外国人風にしたとき、ヒアルロン酸を注入しすぎると皮膚がひっぱられて目が寄ってしまい不自然になってしまいます。鼻先に入れすぎると思いがけず団子鼻になることも。施術前にイメージをドクターと時間をかけて相談してください。

ヒアルロン酸注入について

モデルさんや、外国人のようなすっとシャープな鼻筋になりたい!でも顔にメスを入れるのは怖いという方にぴったりなのがヒアルロン酸注入です。鼻は顔の真ん中にあるので顔の印象に大きな影響があります。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので注入した時の拒絶反応が起こる可能性はほとんどありません。私たちの体内でのヒアルロン酸は、細胞と細胞との間で水分を維持しクッションのような役割をしています。赤ちゃんの時が一番あり、加齢とともに減っていきます。赤ちゃんのぷにぷに肌の正体はヒアルロン酸だったのです。

ヒアルロン酸注入は、低価格で効果もすぐに実感でき、ダウンタイムもほぼなくお化粧も当日OKな手軽に出来る施術です。ヒアルロン酸を少し注入するだけで鼻筋を整えたり、団子鼻をシャープに形成することができます。ただ、ヒアルロン酸は、施術を受けたあと徐々に体に吸収されていくので、効果は半永久的ではなく1~2年程度の持続と思ってください。その間にも徐々に吸収はされていますので、だんだんもとの鼻に戻っていきます。

ヒアルロン酸注入のいいところは、失敗した時に元に戻せることにあります。ヒアルロニダーゼと呼ばれる分解酵素を注射することで分解が促進されヒアルロン酸が溶けて元の形に戻ります。本サイトでは、なりたい鼻別にどこに注入するのがベストか、美容皮膚科の選び方、ダウンタイム、失敗かなと感じた時の対処法をご紹介します。